新しい時代にふさわしいコーチング(保護者版)

2017/05/11 に公開

平成25年に文部科学省が設置した「スポーツ指導者の資質向上のための有識者会議(タスクフォース)」。その報告書において提言された、新しい時代にふさわしいコーチングを確立するための方策の一つとして、スポーツ庁ではアスリートを取り巻く人向けの教育プログラムを開発しています。

保護者としてどのように選手を支援していくか。その哲学をご自身で振り返る目的で制作された教材です。諸外国ではアスリートの保護者向けの教育プログラムが存在します。我が国でも、開発された教材を誰でも入手できるようにしました。コーチング環境をオープンにし、アスリート・アントラージュの連携協力を推進することが大切な目的です。

:前へ

新しい時代にふさわしいコーチング(指導者版)

次へ:

鈴木スポーツ庁長官に聞く!「スポーツ基本計画」