武道ツーリズム~弓道×茶道×禅 金沢版~

スポーツ庁ではスポーツ体験と観光を掛け合わせた「スポーツツーリズム」を通じて、訪日外国人の増加や地域・経済の活性化を推進しています。平成30年3月に策定した「スポーツツーリズム需要拡大戦略」では、「アウトドアスポーツツーリズム」と「武道ツーリズム」を新規重点テーマとして掲げました。これまでも徳島県三好市、沖縄県での取組をご紹介してきました。

ラグビーワールドカップという大規模国際スポーツ大会の開催によりスポーツツーリズムが活況を呈している頃、今回の試合開催地ではない「金沢」では、歴史と文化の観光に「武道」を加えたインバウンド向け体験プログラム『金沢版BUDOツーリズム~武家文化のまち「かなざわ」で日本の「心」と「道」を知る』が行われました。

●本記事は以下の資料を参照しています

武家文化と武道に触れる「金沢武道ツーリズム」(2019-12-24閲覧)
金沢文化スポーツコミッション - 『金沢版BUDOツーリズム~武家文化のまち「かなざわ」で日本の「心」と「道」を知る』の実施について(2019-12-01閲覧)
スポーツ庁 - 訪日外国人が注目! 日本でしか体験できない「武道ツーリズム」の現場をレポート(2019-12-01閲覧)
スポーツ庁 - 人口3万人に満たない地域が「アウトドアスポーツ」の聖地に! ~自然資源を活かした徳島県三好市のスポーツツーリズム~(2019-12-01閲覧)

:前へ

武家文化と武道に触れる「金沢武道ツーリズム」

次へ:

数字で見る! スポーツで身体に起こる気になる「6」つのデータ